神奈川県三浦郡葉山町にて農作物に対する鳥獣対策のための活動を行っております。対策としては安全な電気柵の設置や緩衝帯の整備、捕獲手段としては箱わなとくくり罠を仕掛けてイノシシの駆除に当たっています。葉山町全体地域が銃猟禁止地域に指定されているので、他の地域とは、捕獲手段が少し違います。また神奈川県主催の研修会では講師の方から「葉山町の気候は、温暖で山には食料が豊富にあり、イノシシの生息に適している」と「このまま対策を行わないと、10年後にはイノシシが200頭以上になってしまいます」とのご発言がありました。今後、神奈川県および葉山町の関係機関との連携をはかり、農業被害を防ぐことはもとより、人的被害を防げるように捕獲活動を推進して行く所存であります。
平成28年7月1日
代表 石井 喜三郎
葉山町鳥獣防止被害計画 *葉山町ホームページに飛びます
  • 2016.06.02
  • 2016.05.30

 

 

鳥獣対策協議会とは 葉山町鳥獣対策協議会の設立は平成27年5月に発足いたしました。構成は、よこすか葉山農業協同組合、葉山町農業委員会、葉山わな猟の会、葉山町の4つの団体の関係者で構成された協議会です。この協議会は国からの交付金を受けて、町にある鳥獣被害防止計画を軸に活動していく組織です。